洗顔フォー ,ビオレ

ビオレの洗顔フォームのメリット・デメリット

洗顔フォームをドラッグストアや薬局で購入している人なら、ビオレは一度は使ったことがあるのではないでしょうか?ビオレは沢山の種類の洗顔フォームを発売していますので、自分に合った洗顔フォームを選ぶことが出来ます。

 

では、そんな洗顔フォームで人気のビオレのメリットとデメリットって何でしょうか?ここでは、洗顔フォームの中でもビオレに焦点を当ててご紹介いたします。

 

【洗顔フォームで人気のビオレのメリット】
まずは、ビオレのメリットはどんなメリットがあるのかご紹介いたします。

 

〇値段が安い!
ビオレの一番のメリットは、とにかく値段が安い所です。平均すると1つの洗顔フォームは300円くらいで購入出来ますので、コスパを考えるととてもお得ですよね!

 

〇種類が豊富!
また、ビオレでは、その人に合った肌質を選べるように多くの種類を発売しています。例えば、洗いあがりをさっぱりとさせたい場合には、「オイルコントロール」の洗顔フォームを選ぶことをおすすめします。また、潤いを逃がしたくない場合はリッチモイスチャーという美容液成分を配合している洗顔フォームをおすすめします。

 

〇泡立てが簡単!
ビオレでは、泡立てネットを使用しなくても泡立てが出来るようになっています。洗顔したい時に泡立てネット不使用ですぐに洗顔出来る所は嬉しいですね!ただ、こちらは少し値段が高く500円くらいになります。

 

【洗顔フォームで人気のビオレのデメリット】
では、そんなビオレの洗顔フォームのデメリットについてみてみましょう。

 

〇界面活性剤が配合されている
ビオレは様々な種類の洗顔フォームを発売していますが、泡立ちは界面活性剤を使用しています。つまり、肌が弱い人は刺激になる可能性があるということですね。

 

ビオレってテレビでも肌に優しいと謳っているのでこのような成分が配合されていないように見えて、実は界面活性剤はしっかりと入っていますので肌が極度に弱い人は注意が必要です。

 

もしも泡立ちを界面活性剤だけに頼りたくない場合は、泥で洗顔する洗顔フォームを選ぶことをおすすめします。泥の泡で洗顔をすると、泡立ちは濃厚ですし粒子が細かいので毛穴の奥深くまでしっかりと洗い流すことが出来ます。

 

更に、泥ならではの成分としてミネラルも豊富に含まれていますので、肌に栄養分を与えることも出来るのです。

 

【ビオレの洗顔フォームについてのまとめ】
ビオレは、価格も安いですし、様々な種類の洗顔フォームを発売しているため、自分にあった洗顔フォームを選ぶことが出来ました。そのため、洗顔フォーム選びについて安く購入したい方にはおすすめ出来る洗顔フォームとなっていました。

 

しかし、ビオレのデメリットとして泡立て効果に界面活性剤を使用していることが分かりました。界面活性剤は人工的に作られた成分で、肌にはあまり良い成分ではありません。そのため、極度な敏感肌の人が使うと肌に刺激を与えてしまう可能性がありました。

 

そんな時には、泡立ちを界面活性剤ではなく、泥で泡立てる洗顔料にしてみることがおすすめでした。