アンドシンプティクレイリッチフォーム 成分

の3つの成分は?※成分についてご紹介!

teatea 成分

 

アンドシンプティクレイリッチフォーム、を使ってみたいけど、アンドシンプティクレイリッチフォーム、は洗顔料だから成分が気になりますよね。もしもアンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分が自分の肌に合わなくて、顔が赤くなってしまったりすると大変です。特に、敏感肌の人やアレルギー体質の人の場合はアンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分をしっかりと確認した方がいいですよね。

 

ここでは、teateaについての成分をご紹介いたします。アンドシンプティクレイリッチフォーム、の主な主成分である3つの成分を見ていきましょう。

 

アンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分について

アンドシンプティクレイリッチフォーム、は「美容泥成分」「洗浄成分」「保湿成分」と3つの成分に分けることが出来ます。一つずつ、どんな成分が配合されているのかご紹介いたします。

 

「美容泥成分」

くちゃと呼ばれる沖縄の海の泥を使用しています。この泥の特徴は髪の毛の1/8の細かさの小さな粒子で出来ているということです。そのくらい細かいので毛穴にもしっかりと入りこむことが出来、酸化したプラスの汚れをマイナスの電磁を放って吸着してくれます。

 

「洗浄成分」

洗浄成分には、パパイン酵素が配合されています。パパイン酵素とは、パパイヤの成熟していない実や葉から抽出された酵素になります。洗浄効果以外にも、肌のキメを整える働きがあります。

 

「保湿成分」

保湿成分にはとにかく多くの成分が配合されています。アンドシンプティクレイリッチフォーム、の保湿成分は下記になります。
「スーパーヒアルロン酸、コラーゲン、豆乳発酵液、米ぬかエキス、ドクダミエキス、葉エキス」

 

葉エキスについては、プーアール茶・緑茶・ルイボスティーの葉を独自の製法で発酵させたエキスになっています。

 

以上が、アンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分になります。洗顔料なのにこれだけの保湿成分が入っているのはかなりめずらしいですね!スーパーヒアルロン酸や豆乳発酵液などは、角質層まで潤いを届けますし、コラーゲンで肌に入った保湿成分に蓋をすることも出来ます。これなら、洗顔だけで肌バリアが高くなりでそうですね!

 

アンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分についてのまとめ

ここでは、アンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分にはどのような成分が含まれているのか確認してみました。すると、アンドシンプティクレイリッチフォーム、の成分には大きく分けて3つの成分からなっていました。

 

3つの成分とは「美容泥成分」「洗浄成分」「保湿成分」でした。美容泥については、沖縄産の泥を使って毛穴の汚れまでしっかりと落とせることが分かりました。また、保湿成分がかなり豊富に含まれていることもアンドシンプティクレイリッチフォーム、の特徴でした。

 

洗浄力の高さもさることながら、しっかりと保湿をしてくれるので肌を健康な状態にすることが出来ます。いつも洗顔ではすぐに化粧水を入れないと肌が乾燥するという人は、アンドシンプティクレイリッチフォーム、を使ってみてくださいね。

 

>>アンドシンプティクレイリッチフォームの詳細はこちら